マンションやアパートにお住まいの方の3つの防災対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年9月1日は『防災の日』ですね。

 

自然災害の多い国に暮らす私たちに出来る「防災」とは何なのか?

今回はマンションやアパートにお住まいの方への地震の防災対策を3つご紹介します!

 

 

※この記事は5分ほどで読めます。

.

.


水栓やガス栓を締める

地震で停電が起こった際、意識が電化製品に行きがちですが、水道とガスにも気を付けましょう。

水道やガスを出すのに電気を使っているマンションやアパートがあります。

通電したときに水やガスが流れ出てしまい危険なため、水栓とガス栓は必ず締めるようにしましょう。

特にオール電化の方は十分注意してくださいね。

.

「足りない」を防ぐ

地震が起こると停電や断水を余儀なくされる場合があります。

ここ近年の災害で防災への意識が高まり、懐中電灯や水、缶詰など準備している方も多いと思います。

懐中電灯の電池や長期保存水、モバイルバッテリー、カセットコンロなど、ライフラインが長期間停止する可能性を考えて災害に備えましょう。

また、被災直後に物が散乱してしまい、万が一取り出せない可能性があるので、食糧や水などの備蓄は一か所ではなく、複数に分けて置いておきましょう。

.

臭い対策をする

地震が起こった際、マンションやアパートでは汚物やゴミを各部屋で保管することになっている場合も多いようです。

ゴミをベランダや外に置くことになると思いますが、臭いに悩みますよね。

臭い対策として、凝固剤や消臭剤、猫砂を準備しておきましょう。

.

まとめ

いかがでしたか?

今年は感染症が蔓延し、防災対策どころじゃない方も多いと思います。

日本では大規模な地震が近々起こると言われています。特に一人暮らしをしている方は、突然地震が起きたらどうしていいか分からなくなってしまいますよね。

この機会にもう一度防災対策を見直して、身の安全を守りましょう

.

マンションなどの防災・防犯対策でお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください!


SNSでもご購読できます。