防犯対策が無料でできる!?防犯対策助成制度ってなに?


防犯対策と言っても家中の窓と出入り口に施工したら相当な費用がかかりますよね。鍵の交換だけで1万円弱なんてことも。。金額がネックで防犯対策できていないという方も多いのではないでしょうか?
しかし、そんな方に朗報です!!!!

全国の地方自治体が空き巣や不審者に対しての防犯対策を行っており、街全体や個人が防犯意識を持つことで、事件被害を減らしていこうと防犯設備の取り付けなどへ補助金や助成金を出す自治体が増えてきているそうです!

具体的な内容としては、、
子供や高齢者、女性を狙った犯罪被害を無くすための施策として厚生労働省が定めた「第二次補正予算案」で保育所や福祉施設などに対して環境整備や防災に関する費用を国が補助してくれます。

・職員が無料で住宅の防犯診断を行う
・防犯対策にかかった費用の2分の1を助成してくれる
・鍵の交換
・LED防犯灯の設置
・防犯カメラの設置
など。。。

制度の内容は自治体によって異なる
防犯対策助成制度は、全国一律で行われている補助金制度ではないので、補助金制度がある自治体もあれば、ない自治体もあります。

その中でも防犯カメラの設置を積極的にすすめようとしている自治体は「個人宅への防犯カメラの設置」あっても助成金が支給されるところもあります!これは利用するしかないですね!
しかし・・・・
・年度が替わったことによる予算変更
・予算消化に伴い、補助金事業の終了
↑上記の理由によって制度が廃止されている自治体もあるようです。

制度自体は非常に魅力的ですが、住んでいる地域や補助金を利用する時期やタイミングによっては補助金を受け取れない場合もあります。

せっかくこのような制度で費用を抑えて防犯対策を行うことができるので自分の自治体の制度を事前によく調べて積極的に利用しましょう!!!


SNSでもご購読できます。